札幌市 ピアノ調律 消音ユニット取付 ピアノ買取 ピアノ販売 井上ピアノ調律事務所

お問い合わせ

TEL:011-851-1511

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問

ピアノの設置場所はどういう所が良いですか?

直射日光が当たる窓のそばや、ストーブの前など暑くなる場所は避けてください。
これらを無視すると熱で音が早く狂ったり、サビ、カビ、ヒビ割れの原因になる場合があります。
一般的に温度は15~20C、湿度は50%~70%が良いとされています。

消音ユニット以外に防音対策はありますか?

ピアノのキャスター部分にゴム製の台を取付けて振動をやわらげるものや、響板部分に専用防音パネルを取付けるという方法もあります。しかし防音パネルの場合、音質がこもってしまうという欠点もあります。

調律はどのくらいの間隔でやればいいの?

一般家庭の使用であれば1年に1回で良いでしょう。
しかし、グランドピアノをお使いの方や音の狂いに敏感ならば1年に2回はした方が良いでしょう。
バイオリンやギター等は演奏者が自分で毎回チューニングしますよね。それと同じです。
ですから、1年に一回というのは最低限必要です。定期的な調律をおすすめします。

 古いピアノに消音ユニットは取付けできますか?

アップライトピアノであれば、ほとんどの場合取り付け可能です。
しかし、ごく一部取付けできないものもあります。
心配な方はお問い合わせください。

 傷が付きそうなのでピアノカバーを使いたいのですが?

厚めのオールカバーはやめた方がいいと思います。
通気性が悪く、ピアノ内部に空気がこもってしまい、カビ、サビの原因になる場合があります。
どうしてもというなら、レース等の通気性の良いものをおすすめします。

お電話のお問い合わせはコチラ 011-851-1511 メールでお問い合わせ

お電話のお問い合わせはコチラ 011-851-1511

メールでお問い合わせ